ブログ運営

Googleサーチコンソールでnoindexタグエラーが出た場合の対処法

Googleサーチコンソールでnoindexエラーが出た時の対処法

Googleサーチコンソールでnoindexタグエラーが出て、解消出来たのでメモしておきます。

ワードプレスを使用していて、Google XML Sitemapsのプラグインを使用している場合の対処法です。

通常サイトマップはxml形式で送信されています。

Google XML Sitemapsでサイトマップを送信する際に「html形式」が含まれているとエラーが出やすいです。

サーチコンソールでnoindexタグエラーが出た経緯

Googleサーチコンソールでnoindexタグエラーが出たのは今回で2回目です。

ワードプレスでブログを作成し、Google XML Sitemapsでサイトマップを作成、Googleサーチコンソールでサイトマップを登録。

しらばらくすると、Googleサーチコンソールに登録してあるメールアドレスに「カバレッジの検証」というメールが届きました。

Googleサーチコンソールでカバレッジを見てみると、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と書いていました。
noindexタグエラーのイメージ
noindexエラーのイメージ2

とくにnoindexタグを追加した覚えはありませんでした。

結論から言うと、「一度投稿した記事を削除した」ことが原因となっていました。

投稿した記事を削除したことにより、htmlサイトマップにその情報が含まれてしまったのでしょう。

noindexタグエラーを解消する方法

noindexタグエラーを解消するためには、html形式のサイトマップを送信しないようにします。

Google XML Sitemapsプラグインの設定で「HTML形式のサイトマップを含める」というチェックボックスがあるので、チェックを外します。
GoogleXMLSitemapsの設定方法

これによりhtml形式でのサイトマップを送信しないようになります。

サイトマップはxml形式で送信されるので、html形式のサイトマップを送信しなくても特に問題はありません。

Google XML Sitemapsの設定を変更して、Googleサーチコンソールをすぐに確認してもエラーは解消されません。

noindexタグエラーが解消されるまでは時間がかかるので、気にせず待ちましょう。

クロールされた時にnoindexタグエラーが解消されています。

まとめ

カバレッジでエラーが表示されると凄く気になりますよね。

対処をしたからと言ってすぐにはエラーが消える訳ではありませんが、Google XML Sitemapsの設定を変更し、気長に待ちましょう。